麻生派の臨時総会にて。

 麻生派臨時総会で麻生太郎会長から、「安倍政権をど真ん中で支えてきた我々の政策を、継続し実行できる人を一致結束して選んでいかなきゃならん。」と、ご挨拶。
 鈴木総務会長から、「任期満了ではない総裁選は、今まで全て両院議員総会で実施してきた。 任期満了の際は、事前に準備を進めているが、突然の辞意表明があり、何も準備できていない中で今から党員投票での総裁選を行うには約ニカ月必要だ。 県連単位で党員の意向を確認するようお願いしていくこととする。」と、総務会の決断理由が説明された。
 党員投票による選挙を求めて署名した中村裕之も理解した。自民党北海道連には既に党員予備投票を求めており、実行されるよう努力していきます。多くの議員が、いつでも総裁候補を出せる集団として活動していこうと発言。
 河野太郎大臣からも一致団結が重要と発言があり、会場全体からの拍手を受けた。麻生会長を中心に結束し、進んでいきます。