志公会若手有志勉強会にて。

志公会若手有志勉強会を開催。
テーマは安全保障政策。
河野太郎防衛大臣の配慮で防衛省の皆様と意見交換。
年間千回に及ぶスクランブルのうち、中国が2/3、ロシアが1/3であり、北朝鮮も弾道ミサイル搭載可能な核を開発済みと予想される。
中国の防衛予算は日本の4倍以上となり、中村裕之も日本の防衛予算の拡充が必要だと強く感じた。

予算編成も大詰め。

中村裕之も自民党の各部会で状況を確認。
総務部会には高市早苗総務大臣も出席され、地方団体からの要望を受けた。
幼児教育無償化や役所臨時職員のボーナス支給など、従来にない歳出もカバーできる地方財政措置を確保すべく詰めの作業を行って参る。