北海道総合振興特別委員会にて。

中村裕之が副委員長を務める北海道総合振興特別委員会で北海道開発予算について国土交通省から報告。
補正予算と当初予算合算で7703億円の15ヶ月予算となり、各方面に働きかけてきた成果が現れた。
北海道議会の皆様との懇親会には二階幹事長も駆けつけて下さり、北海道に対する期待を述べられた。
北海道経済に貢献できる予算となった。

迎賓館にウズベキスタン大統領をお迎え。

迎賓館にミルジョーエフ ウズベキスタン大統領をお迎えし、麻生太郎副総理との懇談会に中村裕之も同席。
日本からウズベキスタンへの民間投資が活発になるよう、あらゆる環境整備を進めると、大統領は述べられた。
同時に両国の議員交流を推進することを約束した。

今年最後の国土交通部会に出席。

自民党本部に赤羽国土交通大臣を迎え、予算編成に向けて最後の国土交通部会を開催。
橋梁等の老朽化対策や海上保安体制の推薦が麻生財務大臣との折衝項目だ。
赤羽大臣が予算を勝ち取れるよう、大きな拍手で送り出した。

自民党地方創生統合本部金融調査会地域金融機関経営力強化PT合同会議に出席。

自民党地方創生統合本部金融調査会地域金融機関経営力強化PT合同会議で、北海道銀行の笹原頭取が出席。
道内企業や道産食材の海外展開を、道銀が商社を立ち上げ支援する取り組みを説明して下さった。
山形大学の小野教授も地味な改善によるイノベーションの取り組みをプレゼン。
その資料にある北海道の付加価値率の低さに、中村裕之も愕然とした。
今後の活動の指針を頂いた気がする。

志公会若手有志勉強会にて。

志公会若手有志勉強会を開催。
テーマは安全保障政策。
河野太郎防衛大臣の配慮で防衛省の皆様と意見交換。
年間千回に及ぶスクランブルのうち、中国が2/3、ロシアが1/3であり、北朝鮮も弾道ミサイル搭載可能な核を開発済みと予想される。
中国の防衛予算は日本の4倍以上となり、中村裕之も日本の防衛予算の拡充が必要だと強く感じた。

予算編成も大詰め。

中村裕之も自民党の各部会で状況を確認。
総務部会には高市早苗総務大臣も出席され、地方団体からの要望を受けた。
幼児教育無償化や役所臨時職員のボーナス支給など、従来にない歳出もカバーできる地方財政措置を確保すべく詰めの作業を行って参る。