北嶺高等学校の1年生が国会見学に。

北嶺高等学校の1年生が国会見学に訪れ、柴山昌彦前文部科学大臣から講演を頂いた。

まさに英語民間試験の活用延期が決定した日だ。

既に約3割の大学が民間英語試験を入学者選抜に活用しており、今後も、その傾向が続くと予想される。

試験回数を2回に限定するなど、経済格差による不平等を少なくする方向で制度設計をしてきただけに延期は残念だ。
柴山前大臣から
ICTやグローバル化など、社会が劇的に変化する時代だが、自分を信じて学んでほしい。と、激励の言葉を頂いた。