自民党本部では概算要求に向けての議論が大詰めだ。

自民党本部では概算要求に向けての議論が大詰めだ。

中村裕之は水産部会で、資源調査の信頼性に疑問がある中で資源管理を強める事に懸念を表明させて頂いた。

文部科学部会では大臣政務官として、質疑や意見を頂く側に。

小中高校のインターネット環境整備やエアコン、洋式トイレ等の環境整備予算を確保するよう議員各位からご意見を頂いた。 

教育・文化予算を確保するとともに、北海道の予算確保に力を尽くしていく。

厚労省から講師をお迎えし、手稲地域包括ケア研修会を開催。

厚生労働省から講師をお迎えし、手稲地域包括ケア研修会を開催しました。
10月の消費税率改定分を財源に、介護職等の処遇改善を行うことなど、約一時間講演して頂いた。
中村裕之としては、厚生労働省から直接情報をお伝えすることにより、地球包括ケアシステムの実効性を高めることに繋げて欲しい。と考え、講師の招聘を行っている。
年末には診療報酬改定の議論が大詰めを迎え、介護制度も改定案が示される。
しっかり対応して参りたい。