陸上自衛隊倶知安駐屯地創立64周年記念式典・祝賀会に出席。

陸上自衛隊倶知安駐屯地創立64周年記念式典・祝賀会に出席。 文字倶知安町長から倶知安駐屯地は「地域の誇りだ。」と、ご挨拶があり、 中村裕之からも、地域に信頼される自衛隊として益々の発展とご家族ともどものご健康をお祈りさせて頂いた。

20190629駐屯地設立64周年

岩本つよひとさんの応援に、菅官房長官にお越しになった。

岩本つよひとさんの応援に、菅官房長官にお越しいただき、総決起大会と街頭演説を行い、皆様にご支援をお願いした。   安倍総理が「最も可能性がある地」と評する北海道。その発展の為には、岩本つよひとさんが3位以内に入ることが重要だ。

20190628岩本つよひとさん

5期目に挑戦する橋本聖子参議院議員の出陣式に出席。

5期目に挑戦する橋本聖子参議院議員の出陣式に出席。 2030年の冬季五輪開催都市が4年後に決まる。 札幌招致が実現した場合、ノルディックスキーの競技場は中村裕之の地元のニセコエリアで行う。 招致決定に向けて、無くてはならない橋本聖子参議院議員の必勝を祈る。

20190629橋本聖子

札幌西ICフル規格化建設期成会に出席。

札幌西ICフル規格化建設期成会に出席。

札幌市西区の町内会や工業団地等で構成する期成会の皆様が、2万筆以上の署名を集めて下さった。

皆様の思いを形にするため船橋代議士や道議・市議と力を合わせて頑張って参る。

後志総合開発期成会の中央要望が行われた。

後志総合開発期成会の町村長・議長が中村裕之の政務官室に要望活動に来てくれた。 学校や給食施設の改修予算の補助単価の見直し等、地域の実態を拝聴した。 今後の予算編成等に反映できるよう努力していく。

6月27日、国立科学博物館 筑波研究資料センターを視察。

つくば市出張のラストは国立科学博物館の収蔵庫へ。

こちらには470万点の貴重な資料や標本等が保管され、地方の博物館等の求めに応じて貸出も行っている。

植物温室では10年に一度しか咲かない花も見ることができた。

16時から「科学係博物館イノベーションセンター設立報道発表」で、文部科学省を代表し中村裕之からご挨拶申し上げた。

多くの報道関係者が集まって下さった。

6月27日午後、筑波大学を視察。

つくば市視察の午後の部は筑波大学へ。
山海教授から研究成果の社会実装とエコシステム構築についてプレゼンを拝聴した。

おそらく日本の研究者の中で、イノベーションエコシステムの構築に最も成功している人だ。

HALを世に出し、cyberdyne社を上場し、学内には300億円を越える民間資金によるファンドを立ち上げた。

研究者の育成と技術革新、その社会実装と利益の研究資金還元というエコシステムが回りはじめている。

6月27日午前、つくば市立学園の森義務教育学校を視察。

つくば市の義務教育学校を視察。
学校紹介は9年生が英語で行う。
汎用の校務支援システムによる教職員の負担軽減と、児童生徒の状況把握に有効だと説明された。
遠隔教育、PC一人一台でのプログラミング、英会話のみの授業等を拝見し、文部科学省の職員も「子供をここで育てたい。」と、つぶやいた。

そう思う家庭が学校周辺に移住して来て、人口は右肩上がり。

都内からつくばエクスプレスで一時間の駅周辺は、最先端の教育によりマンションも林立している。