中村裕之手稲後援会で懇談会を開催。

中村裕之手稲後援会で懇談会を開催いたしました。

沢山の皆様にお越しいただき、政務官就任と誕生日のお祝いの言葉を頂きました。

また、高橋はるみ知事、岩本剛人道議会議員、角谷たかし道議会議員、武市憲一市議会議員、松井隆文市議会議員、福田市議会議員婦人がゲストでお越しくださいました。 それぞれ選挙を控えている皆様です。

必勝をお祈りし、来場の皆様にも支援をお願いし、春の統一地方選と参議院議員選の必勝を誓いあいました。

ご出席頂いた皆様、ありがとうございます!

20190223Nakamurakoenkai3

20190223Nakamurakoenkai2

20190223Nakamurakoenkai

2月23日、自民党北海道連合会臨時大会。

鈴木直道北海道知事候補予定者が自民党北海道連合会臨時大会で、道議会議員、札幌市議会議員候補予定者の中心で決意表明。
北海道の新しい扉を開く先頭に立たせいただきたい! と、力を込めた。
いよいよ統一地方選に向けて本番を迎える。

20190223Jimintou2 20190223Jimintou1

2月22日、の地元から市町村長が上京し、石井国土交通大臣に要望。

中村裕之の地元から市町村長が上京し、石井国土交通大臣に、後志自動車道小樽JCTのフル化を実現するため、Cランプ整備の早期着工と開通を要望させて頂いた。
石井国土交通大臣からは、4月に着工し5年後を目途に開通させる予定だと、お話しを頂いた。
この整備により初めて、小樽運河観光と積丹観光やニセコエリア観光が高速道路で結ばれる。
前向きな返答をいただき、成果が見える要望活動となった。

20190222OtaruOCT2 20190222OtaruOCT1

2月22日、文科省が後援している読書感想画コンクール表彰式に出席。

文部科学省が後援している読書感想画コンクール表彰式に出席し、大臣表彰状を授与させて頂いた。
65万点の中から選ばれただけに、素晴らしい感性で描かれた絵画に中村裕之も感激だ。20190222Dokusho

2月22日、北海道信用金庫余市支店の若手経営者の皆様が訪問してくれた。

190222信友会①

北海道信用金庫余市支店の若手経営者の会、信友会のメンバーが文部科学省の中村裕之の部屋を訪ねてくれた。
柴山昌彦文部科学大臣室にも表敬訪問し、大臣から歓迎のご挨拶を頂いた。
予算委員会を傍聴するなど国会見学もして、研修目的も果たせたのだはないか。
地元からのお客様は、嬉しいものだ。

190222信友会②

2月21日、民主音楽協会民音音楽博物館を視察。

190221民音音楽博物館都内信濃町の民主音楽協会民音音楽博物館を視察させて頂いた。
ショパンやモーツァルトが弾いていたピアノと同時期、同型のピアノが調律された状態で展示され、演奏も聴かせて頂いた。
貴重な展示を解説付きで拝見し、音楽の歴史に触れることができた。

2月20日、石油流通議連にて廉売問題を議論。

中村裕之は事務局長を務めている。中村裕之が事務局長を務めている石油流通議員連盟を開催。
大手企業による廉売問題が議題だ。
かつて6万件以上あったSSが3万件に減少している。
異業種からの参入者が石油販売に参入し、薄利多売、利益度外視の商売をされると既存店は立ち行かなくなる。
災害時には既存店が最後の砦として地域住民に燃料供給の役割を果たしているが、SSが近くに無い地域が地方で広がり、住民せいかに支障をきたす状況が見られてる。
関係省庁に適切な対応を求めていく考えだ。

2月20日、学校運営協議会制度についてお話しを聞かせていただいた。

日本連合教育会の、貝の瀬副会長から学校運営協議会制度について、自民党文部科学部会でお話しを聞かせていただいた。
校長の基本方針を協議会が承認する仕組は、学校運営に権限を付与されると同時に責任も課される。
協議会が学校に入り込むことに繋がることから、子供たちには見られてる意識が広がり、いじめや不登校の減少、学力向上に効果が出ている。
教員の働き方改革においても、登下校時の見守り等に地域の協力を得やすい。
法的には自治体に努力義務が課されているが、全国的に取組みに差があることから、中村裕之も政務官として推進に努めて参る。
文部科学部会にて201902201

2月19日、山下法務大臣に児童虐待防止議員連盟で要望活動を行った。

山下法務大臣に児童虐待防止議員連盟で民法822条の削除を検討するよう要望活動を行った。

子どもへの体罰を禁止した54か国では虐待事案が激減しているが、日本では親権者に民法822条で懲戒権が認められており、しつけ名目の虐待を助長しているとの指摘がある。

厚生労働省が16万人を対象に行った調査では、いかなる体罰も子どもの健全な成長にはマイナスであることが明らかになっている。

暴力、暴言、育児放棄等の虐待を無くするために、あらゆる対策を打つことが安倍総理からの指示であり、早速に検討に入ると山下法務大臣が受け止めてくださった。

中村裕之も文部科学省の対策を、しっかり促して参る。
20190219JIdou