震災対応を協議する自民党道連胆振東部地震対策本部役員会に出席。

180910道連災害対策本部震災対応を協議する自民党道連北海道胆振東部地震対策本部役員会が北海道議会で開かれた。

堀井学代議士から現地報告があり「関係各機関に昼夜を問わず対応を頂いてきた。全員の安否不明者が救出され、残念ながら生存者はいないが、各機関の対応に被災者からも被災地町長からも、心からの感謝の言葉を頂いてきた。私からも感謝申し上げます。二次災害も予想されることから引き続きのご支援をお願い申し上げる。」と、感謝の言葉があった。

被災地の自治体職員も気丈に振る舞ってはいるものの相当に疲弊しており、道庁をはじめ各地からの支援が求められた。

先ずは節電を徹底することだ。

おおくま和英代議士からカセットコンロや非常食などが送られて来ました。

20180909Okuma2

20180909Okuma1

おおくま和英代議士からカセットコンロや非常食などが送られて来ました。
ご配慮に心から感謝申し上げます!!ありがとうございます!!
ご地元も大阪北部地震や台風21号の被災地であるにもかかわらず、北海道にも心を寄せて下さり、感謝、感謝です!!