12月12日、自民党北極のフロンティア議員連盟で財務大臣室に予算要望に伺った。

20171215Hokkyoku自民党北極のフロンティア議員連盟で財務大臣室に予算要望に伺った。
北極海航路が活用される中、日本も砕氷船の建造が必要だ。
麻生太郎財務大臣に砕氷船設計費の予算をお願いした。
アジアの入り口にあたる北海道の役割が大きくなることから中村裕之も議員連盟で活動している。
予算に盛り込まれるよう期待する。

12月11日、第1回IT関連政策セミナーに参加。

IT関連政策セミナー自民党道連は総務省から担当課長を招き、IT関連政策セミナーを開催した。中村裕之も参加し、ご挨拶では「広域分散、積雪寒冷の北海道の発展にはITは欠かせない。大規模な農林水産業の生産性向上に大きな成果を上げるに違いない。」と申し上げた。自民党のセミナーは270人が参加し、大成功だ。

12月5日、水産関係団体決起大会。

水産関係団体決起大会予算編成に向けて憲政記念館で水産関係団体が決起大会を開催した。憲政記念館で開くのは初めてだ。この日の午後、中村裕之も団体の皆様と財務大臣室に要望に伺った。中村裕之から「大臣、漁師を大事にしないと国境監視は出来ません。」と申し上げた。選挙に勝ったのは北朝鮮のおかげと言った大臣だから、水産予算は手厚くなると期待している。