7月6日、安倍総理に来年度予算について提言。

20180710

20180710a

中村裕之が世話人を務める「日本の未来を考える会」で、来年度予算編成に10兆円規模の特別枠を設けることなど、デフレ脱却による財政健全化を図るよう安陪総理大臣に提言させて頂いた。

リンク:Yahooニュースにて取り上げられました。

 


7月4日、全国のブロック塀点検、改修を支援し、子供たちの安全を守るよう、林大臣へ強く要請した。

20180704Yosei2 20180704Yosei

大阪北部を震源とする地震でブロック塀が倒れ女児が犠牲となったことを受け、自民党学校耐震化推進議員連盟で文部科学大臣に要望活動を実施した。
全国のブロック塀点検、改修を支援し、子供たちの安全を守るよう強く要請した。
中村裕之から札幌でも49箇所の塀を改修する必要があることを林大臣にお伝えした。

7月3日、自民党水産総合調査会で「水産物に親しむ給食PT」フォローアップ会議を開催。

20180703Suisan自民党水産総合調査会で「水産物に親しむ給食PT」フォローアップ会議を開催した。
中村裕之が座長として取りまとめた提言により、給食用に開発された加工品を山口県で月に一度、子供たちに提供されている事例等が紹介された
保護者負担となっている給食食材に、地産地消を進めることを条件に国費を投入するよう政府に要望していくべきというの議論が深まり、今後、要望していく。

6月14日、自民党本部に北海道から土地改良団体の皆様が予算要望に来てくださった。

20180614Tochikairyo1 朝8時から自民党本部に北海道から土地改良団体の皆様が予算要望に来てくださった。
土地改良の成果で農業所得は上がっていると嬉しい報告があった。
中村裕之の地元からも真狩村長やニセコ期成会会長も参加してくれた。
要望に応えるべく全力を尽くしていきます!!

20180614Tochikairyo2

6月12日、自民党水産部会にて密漁の罰則の強化を訴えた。

20180612Suisan

自民党水産部会に岩手県と山口県の関係者が来てくださり、密漁の実体を報告して下さった。
ナマコの密漁者は2億円クラスの水揚げを揚げており、罰則の強化が必要だ。
そもそも窃盗罪が懲役10年に対して密漁が懲役3年では明らかにバランスを欠いている。
中村裕之から、罰則強化が必要だと訴えた。

6月7日、自民党政調全体会議で骨太方針等の議論が行われた。

180607政調全体会議自民党政調全体会議で骨太方針等の議論。

デフレ完全脱却を果たさなくては財政健全化もできない。それなのに消費税を上げれば、個人消費の落ち込みにより需給ギャップが拡大し再デフレ化のおそれがある。まずデフレ脱却してから財政健全化を図るべきだが、どうしても上げるのなら需要変動対策を万全にしなければならない。中村裕之から2019~2021までは財政を出動して万全を期すよう求めた。

6月6日、自民党パークゴルフ普及振興議員連盟総会を開催。

20180606ParkGolf自民党パークゴルフ普及振興議員連盟総会を開催。
パークゴルフ協会からの要望を拝聴し、各省から説明を頂いた。
都市公園に民間がパークゴルフ場を整備し利用料を徴収して公園管理を行うことが認められた。
健康づくりや介護予防にも効果的なパークゴルフの振興を図ってゆく。

5月11日、「日本の未来を考える会」の提言書がまとまり、記者発表を行った。

20180511NipponMirai中村裕之もメンバーとして参加してきた「日本の未来を考える会」の提言書がまとまり、本日、記者発表を行いました。
日本をデフレ経済に引き込み続けているプライマリーバランス黒字化を目標にした緊縮財政を改め、少なくともデフレ脱却するまでは消費税率upを凍結すべきだ。
デフレ脱却には総需要を拡大すべきであり消費税率upや緊縮財政は需要を減退させ、デフレに逆戻りする危険が大きい。
適切に財政を出動して経済を成長軌道に乗せ、国民の実質所得を上げて税収を増加させていく方が財政は健全化する。
そもそも日本は世界一の債権国でありデフォルトするはずなどない国だ。
誤ったプロパガンダによる財政政策を続けてこれ以上国民を貧困化する訳にはいかない。

国民を豊かにする政策に転換していこう!!

「日本の未来を考える勉強会 提言Ver.2をアップしました

5月9日、母校の余市西中学校の生徒さんが国会見学に来てくださった。

20180509Kengaku

中村裕之の母校、余市西中学校の生徒さんが国会見学に来てくださった。
中村裕之も委員会の合間にご挨拶。
勉強することにより将来の職業選択のオプションが広がる。大いに頑張ってください!と、激励させて頂いた。
幸福な人生を歩まれんことを祈る。