【動画】小樽市議会自民党議員団 地方創生についての国会研修 H28.1.25(No490)


1月25日午前中、小樽市議会自民党議員団が国会研修に訪れた。衆議院議員会館地下1階会議室で、内閣府まち・ひと・しごと推進室事務局の伊藤次長から、地方創生をテーマに研修を行った。

以下、要約。
地方創生交付金の評価ポイントは、3つの連携だ。第一に地域連携、 第二に産業連携、 第三に官民連携だ。
先週成立した補正予算に計上された地域創生交付金1000億円は、自治体負担なしの交付金で、2月中旬に申請〆切、3月末に交付決定し、平成28年度中の事業実施を求めている。
評価ポイントを意識して申請すると採択の可能性が高まるが、全国から首長自身が事前に相談に訪れている。
地域資源を、どの様に付加価値を高め、 何処に発信し、 何処から呼び込み、 何処に連れて行こうとするのか?  ストーリーが大切だ。

中村裕之から「後年、進捗管理をすることが求められており、主要な項目の具体的な数値目標(KPI)を示すことが肝心だ。地方創生交付金は、あくまでもプロジェクトに対する交付金であり、出来る限り事前に相談し、説得力ある申請をして頂きたい。」と申し上げた。

その後、国会内や総理官邸の視察に同行した。今後の市政発展の、お役に立てれば幸いだ。

【動画】余市から北海信用金庫信和会の皆様が国会見学に来て下さった。H27.10.24(No461)


10月24日午前中、中村裕之の地元、余市から北海信用金庫信和会の皆様が国会見学に来て下さった。

信用金庫のお取引先の親睦会だ。

議事堂正面からは選挙後初の登院のみ、議員の登院が許されていると説明し、二回正面から登院させて頂いた感謝の言葉を申し上げながら、三回目もお願い申し上げた。

「落ちたら只の人だからな。」と脅しもありヒヤヒヤさせる。

遠慮のない仲間達であった。

【動画】余市沢町婦人会の皆様が国会見学に来てくれた。H27.5.19(No424)


5月19日、中村裕之の地元中の地元、余市沢町婦人会の皆様が国会見学に来てくれた。

皆で国会見学し、議員会館の部屋にも来て下さった。
堀井学先生も挨拶に来てくれた。

中村裕之にとって、遠くから来てくれて、嬉しい限りだ。

【動画】余市町東中、西中、積丹町美国中の国会見学で挨拶 H27.5.14(No421)


5月14日朝、地元の中学校三校が国会見学に訪れた。
中村裕之の母校・余市西中学校と、中村裕之がPTA会長を務めた余市東中学校、積丹町美国中学校の三校だ。

余市東中学校は人数が多いため、団体扱いとなったが、余市西中学校と美国中学校は、中村裕之事務所の秘書が、国会内を案内した。
30年近く国会議員秘書をやっているから馴れたものだ。

中村裕之も、各校生徒の皆さんに歓迎のご挨拶をし、生徒さんからの質問にも答えた。
どうして議員に成ろうと思ったのですか?
飛行機にはタダで乗れるのですか?
それぞれの、純粋な質問に、正直にお答えした。

少しでも、国政に興味を持ってくれたら意義がある。

【動画】中村裕之の在京親戚12人が国会見学に訪れてくれた。H27.1.28(No366)


1月28日日中は、中村裕之の在京親戚12人が、国会見学に訪れてくれた。
初当選から2年少し経過し、初めて来てくれた。
叔父さん叔母さん従姉妹も皆、元気で喜ばしい限りだ。
やはり身内も喜んでくれている。

【動画】島牧小学校の皆さんが国会見学に訪れた H27.1.15(No359)


1月15日午前中、島牧小学校の皆さんが国会見学に訪れた。
昭和63年に竹下内閣が全国の市町村に一律に1億円を交付した「ふるさと創生事業」の基金を、島牧村は小学生の社会見学に活用しており、毎年、5年生が国会見学を実施している。
中村裕之もご挨拶にお邪魔し、秘書が案内役を勤めた。島牧村の子ども達が、国会に興味を持って頂ければ幸いだ。